20代後半になると太りやすくなるのか

20代後半すぎると太りやすくなることを説明している
ちょっと食べすぎちゃった‥」「昨日は明け方までお酒を飲んでしまった」20代の前半なら、このような時に少し太ってしまっても数日食事に気をつけたり意識して体を動かしたりするだけで元の体重に戻っていたのに、20代後半になると痩せなくなったと感じませんか?

 

それは基礎代謝が落ちているからです。
基礎代謝が落ちてしまう理由を知って太ってしまうのを予防しましょう。

 

基礎代謝とは

基礎代謝は生命活動で消費されるエネルギーのことをいいます。
ダイエットには基礎代謝を上げることが必須で、リバウンドしにくい身体を作ることができます。そこまで大事な基礎代謝ですが、一体何のことか説明を求められると難しいですよね

 

。基礎代謝とは生きていく上で身体そのものが消費するエネルギーの事です。心臓、胃腸、肝臓などの臓器が活動したり、呼吸をしたり、神経などは意識せずに使われていますが、これらの活動で消費されるエネルギーは、私たちが一日で消費するエネルギーの7割を占めていると言われています。7割も!と意外に多いことにビックリしませんか?

 

つまり基礎代謝を上げると自然に痩せやすくなるのは当たり前だということが解りますね。

 

10代と20代では1ヶ月で3000kcalも違ってくる基礎代謝

10代の頃は何もしなくても、何を食べても太らなかった人が、20代も後半になると夜は甘い物や脂っこいものを控えないと、すぐ太ってしまうという声を聞きます。10代の頃に好き放題食べていたら、その習慣が抜けなくて太ってしまうとダイエットを考えますね。基礎代謝が10代と20代後半では1ヶ月で3000kcalも違って来るので、基礎代謝を上げると、その差を縮められます。1ヶ月で3000kcalも代謝されない脂肪が増えたら、なんと1ヶ月で約0.5kgずつ増えている計算になります。1年で6kgも増えてしまうので基礎代謝を上げることは大事ですね。

 

食事制限では基礎代謝は上がらない

ダイエットでまず考えるのは「食べなければ痩せる」ですが、ここに落とし穴があります。食事制限をすると筋肉が消費されてエネルギーとして生命活動に使われます。すると筋肉が減ることで基礎代謝が落ちてしまいます。基礎代謝は全身の筋肉で消費されているエネルギーでもあるので、筋肉を減らさないように運動も併せてダイエットを行わなければならないのです。基礎代謝が落ちるとリバウンドしやすくなって、戻った体重はすべて脂肪となるため、ますます基礎代謝が落ちる悪循環になります。安易に食事を抜けば痩せるという考えはダイエットにはつながらないのです。

 

まとめ

20代後半になると基礎代謝の関係で太りやすくなってしまうのです。
そのためには基礎代謝をあげることが必要です。

 

基礎代謝をあげるためには、酵素が必要です。

 

体のためにわかっていても
必要な酵素摂取量
大変ですよね。

 

 

そこで、クレンジング酵素0ならどこでも持ち運びができるので酵素補給をすることができます。
20代の頃からきちんと酵素を補給してあげることで、30代以降に太ってしまうことも予防をすることもできます。

 

 

 

 

クレンジング酵素0で太りやすくなるのを予防!ができます。
クレンジング酵素0で太るのを予防する人はこちら

 

 

クレンジング酵素0の口コミが知りたい人は
クレンジング酵素0口コミはこちら